お祈りの依頼を受けつけています。新型ウイルスで入院・治療・療養中の方、医療関係者の方

 

 School of Healing Arts and Sciencesでは、専門的なヒーリング教育と合わせ、ヒーラーによる社会奉仕活動を大切に考えています。

 過去には複数の病院や、震災時には現地の避難施設にてハンズオン・ヒーリングを提供。東京では長らく、お母さんと子供さん向けの無料ヒーリング・クリニックを実施してきました。

 現在は新型肺炎ウイルス(Covid-19)の流行によって、多くの方の移動や接触が制限される状況で、SHASのクリニックも一時休止となっています。

 このような状況下で可能な活動として、欧米の精神的な伝統で行われてきたお祈りを届ける活動を、SHASでも開始します。

 お祈りを届ける活動は、病気を含めたさまざまな理由で支えが必要な方のために、例えばスピリチュアリスト教会や一般の教会、ヒーリング団体などが行っています。(遠隔ヒーリングのセッションではありません。)

 このお祈りは、SHASの統合エネルギー療法科の卒業生で、現在は神学科に在籍しているヒーラーがボランティアで担当します。

 特定の宗教に関係するものではなく、「すべての生命が健康で、幸せであるように」「不要な痛みや苦しみがとり除かれるように」「回復が速やかで、完全であるように」という、普遍的なヒーリングの願いに沿ったお祈りです。

 新型ウイルスで入院・治療・療養中の方、また医療関係者の方などで、お祈りを希望される方は、以下までメールをお送りください。

 メールをいただいた方のために2週間の期間、担当者が定期的にお祈りをします。

 2週間後に継続の希望があれば、再度メールをお送りください。

 以下の事項を記載してメールしてください。入院中の方、年配の方、お子さんなどの場合は、代理の方のお申し込みも可能です。

(1)名前
(2)年齢
(3)お住まいの地域
(4)体調など(2回目以降の申し込みの場合は先回からの変化),医療関係者の場合はお仕事
(5)オプションとして写真(スナップ可。希望する場合のみ。必須ではありません)
(6)代理人による申し込みの場合は、代理人の名前と、本人との関係

 → team@lifeschool.org

 上記アドレスはお祈りの依頼専用です。
 お送りいただいた内容は担当者のみが目を通し、他の目的に使われることは一切ありません。
 
 いただいた依頼にはとくに返信はいたしません。依頼の日の翌日の夜から2週間の間、担当者が定期的にお祈りをします。お祈りの時間はおもに夕方から夜の間となります。

 遠隔ヒーリングではありませんので、禁忌等はありません。ヒーリングや他のセラピーと併用可能です。



ヒーラーの手



 なおヒーラーと話をしながら個人的、具体的にヒーリングを受けたい場合には、SHASの卒業生・インターンによる遠隔ヒーリングをご検討ください。

 SHASの卒業生・インターンは、専門的な遠隔ヒーリングの訓練を受けており、臨床経験も豊富です。

 また統合エネルギー療法科の専門クラスでは、新型ウイルスとその症状についての最新の知識や、ヒーリングでどうアプローチするかなどを定期的にアップデートしています。