「英語の講座にでて、まず驚いたのは、耳で聞いて漢字に直す能力が先週よりはるかに上がってきたこと。

まさに、脳がかつて使っていた部位を思い出したかのよう。

それと同時に、英語の読解の訓練で、かつて自分が鍛えていた能力についても思い出すことができました。

おそらく、日本語を読むだけでは、わからなかった言葉の意味を、英語で辞書を引き、意味を知ろうとすることで、日本語自体の理解が深まっていたということ。

そして、その事で、自分が学んでいた事がなんであったかを、再認識できたのです。

当時は、その学びの価値がよくわからず、大学入学とともに学ぶ事をやめてしまいましたが、大人になった今、改めて、また、生涯学んでいきたいと心から思いました。

特に「言葉はその裏に載せられた背景やエネルギーがある」という事を認識することで、英語の文献を読むということは、単なる語学の学習なのではなく、その文に乗せられた文化や思想、作者を理解することであり、耳を傾けることであるのですね!

この講座に出たことは、自分にとって大きな収穫でした。

また、講座の中で一番響いたのは、自由という言葉です。

どこにも属さない、けれども、いろんな要素を自分の中に取り入れて、かつ、それは紛れもなく自分である、という話を聞いて、自分もそうありたいと思いました。

アルケミーという言葉には、自由という要素もあるんですね。

英語と思って、参加しましたが、英語以上のものを得られることができました。ありがとうございました。

あれから毎日英語を読んで、出来るという感覚が続いています。

地震を心配してメールくれた外国の友人に英語でメールする機会にも、作文がスムーズになりました!

 なにより、ずっとコンプレックスだった異文化・言語間に生まれた人間である事をギフトであると感動して受け止められた事は大きかった。

地球人というアイデンティティを私も築きつつあります。広くて深い視野でのクラスをいつもありがとうございます!

ちなみに、いつも脱線しかけてしない話題が気になって仕方ありません(ケルト語の話など)

英語講読の一日目の夜には、知らない単語はあれども課題テキストを、ともかく片っ端から構文分析して追っていくというのを、お茶 を飲み飲みニ時間半ぐらい集中してやってみました。

何処に何がどんな状態であるのかという目で、英文にコンタクトしてゆく作業 は、ちょっとオーラのスキャニングにどこか似ている感じです。

やればやるほど手応えがあるというか、英文に対する視覚認識の質感と集中力が、以前とは確実に変わったのを感じます。(ほんの数 日間のことです)

もちろん、まだまだ日本語を黙読するような速さとは全く違いますが、英文の塊(かたまり)に対しての距離感が、ぐっと近づいた感じです。

自分が興味のある文献を用いるとい うのは、こういう1000本ノック的(!)作業のモチベーションを維持する、最高の着火装置です!

いつか原文で読みたいなと思って買っていた、英文のペーパーバックが、本棚の肥やしにならずに済みそうと希望の火も灯り、心が踊ります。

遠隔講座もほんとうに楽しみです。

今後、バック(Bach)医師の文献も、ぜひ原文で読み進めたいものの一つです。

そして、海外で長い時間をすごされたり、日本で生まれた二世の方たちからの言語認識にまつわる質問や、体験話しも聴くことができ、さまざまな話しにつながっていってほんとうに興味が尽きませんでした。

(2011年、東京で実施)

☆ 関連記事 英語を学ぶ エネルギーとチャクラの視点から

初回の「エネルギー心理学講座」をライブストリーミングで受講した方からの感想を紹介します。

3日間、夜の講座ありがとうございました。

由衣さんお一人でもパワフルな上に、お二人揃うと、また別のパワフルさがあって、家に居ながらにして、そんなエネルギーに触れられるのは、とっても有り難い時間でした。

猫たちもいつもと違う接続の電話ケーブルにじゃれたり、ヘッドセットのマイクに齧りついてきたりして、大ハッスル大会でした。(メディテーションのときは使う部屋もちがうし、古典神学の講座のときともまた猫の様子が違います)

Dean先生の英語は聞きとり易く、興味のある内容だから耳も開くのか、とっても英語ヒアリングの耳練(笑)にもなっているようです。由衣さんから届く声は、音感からしてあたたかく、配慮がちりばめられていて沁みこむようです。

遠隔でちょっと残念なのは、対面のクラスで使用されていたような、チャクラシステムなどのきれいな画像類が見られないこと。

無ければ無いでも、それはそれでいいのですが、タールチャクラの位置など、ネッターや解剖写真を見て確認してみたりしましたが、合ってるのかな?とか、あと「二枚の花弁のよう」と、聞いてもどんな風な二枚なのかしら…など。見え方に個体差がありそうだけれど、ちょっともどかしい時もありました。

あと、さまざまな実習も短かいものでも、いっしょにやると底上げがあるので、もっといろいろ体感して蓄積して行きたいです。

以前、習ったエネルギーのバウンダリーの実習の感覚は、自分にとって、とても大きな経験で、とても役立っています。

(中略)

そして、目に見えない世界とのコンタクトのことを、放射線物質のとり扱いに例えられるのは、放射線物質の元研究者ならではの、深みとリアリティがあるようでした。いろんな意味で、何ともいえない例えだなと、日中に何度も思い出しました。

3日間とも、講座が終わって電話を切ると、遠い鈴の音のようなものが聴こえていました。この前の古代エジプト、アレクサンドリアの遠隔メディテーションの前後にも似たような音が聴こえていたのですが、それは心地よくて、とてもきれいな音です。

今回いただいた肉体もソフトウエアも、出来る限り使い込むのだ! とやる気がでてきます。

また次回のクラスも楽しみにしています。

 

蔵王ではお世話になりました。

私にとっては初めての土地でしたが、自然と一体になった環境が素晴らしく、豊かであるのに、まるで庭に出るような気軽さで、森や川の中に入っていかれるのは魅力的でした。

木々の間や川の水に浸るのも久しぶりのことで、自然の中に入ることで開放され、安心できるのだということを、思い出させてもらったような気がします。

帰り間際になってから、川遊びの出来るいい場所を発見したので、次回は水着が必須だと思いました。

夜の森の中へガイダンスに出かけた時は、川の中の岩の上を選んで座っていました。

水の流れる音や、岩の上の柔らかい苔も気持ちよく、自然の包み込むような闇の心地よさ、優しさに改めて気付かされました。

その一方で「こんな時間にこんなところで一人でいるところを、見知らぬ人に発見されたらどうしよう」という不安も湧いてきて、「闇」というより「人」の気配の方が、自分にとっては怖いのだという事も知りました。

むしろ夜の闇の中で安心して自分を「開いた」からこそ、その無防備な中に他者が侵入してくる危険を感じたのだと思いますが。

それから今回、なんと言っても素晴らしかったのが、生まれたばかりの赤ちゃんの祝福式でした。

新しいメンバーを迎えた先輩ご家族と、それを囲むスクールの仲間たち、お祝いのために整えられたアイテム、蔵王のネイチャースピリットたち。

みんなから紡ぎ出される、温かく慈愛に満ちたエネルギーが、儀式によって束ねられ、赤ちゃんに贈られる瞬間は感動的で、空間に光があふれて輝いていたように感じられました。

生まれたばかりの時からこうして祝福を受けられる赤ちゃんとご両親は、とても幸せだなと羨ましくなりました。

こんな風に、一人ひとりが人生の大切な節目に、仲間たちから温かい祝福を受けとる経験を積み重ねていけたら、自分の生に対しても他の生命に対しても、尊厳と慈愛を持って接するということを体現していかれるだろうのにと思います。

本当にあっという間の5日間、施設の皆さんのサービスもとても心地よく、毎食の素晴らしいお料理と、暖炉の灯りが恋しいです(笑)。

これからまた戻っていくことになるであろう新たな場所でリトリートに参加できたことは幸運でした。

ありがとうございました。

今回は初めて夫がいっしょでした。お誕生の儀式の前に研修室に夫が入ってきて、しばらく由衣さんの話を聞いていたようでしたが、あとから聞いてみたら、由衣さんのおっしゃっていることはよくわかると言ってました。

子供が親を選んで生まれてきているという話にも、とても理解できる感じがあるらしいです。

子供たちも「また来年も行く」と言っています。二人とも、高校と中学に進んで、やはり小さなお子さんたちといっしょに遊ぶ、というのが少し違和感が出てきたような様子でした。

それなので「もう行かない」と言うのかと思ったら、来年も行くそうです。息子は今朝「あー、蔵王行きたい」と言ってました(笑)

昨年、息子が受験勉強を研修室でやっていたのですが、彼はけっこう、研修室が集中できるとかで気に入っているようです。高校に入って、宿題の量も尋常ではなく、蔵王にいる間も必死に宿題をやっていました。でも問題を解きながら、由衣さんのお話も聞いているようです。

ネイチャースピリット、四大元素、植物、人間の肉体、フラワーエッセンス、ハンズオンヒーリング…が自分の中でひとつにまとまろうとしているような、「ああ、これがやりたいんだ!」という感覚がはっきりしていて、ようやく、自分がこれからどうしていくのか、道が見えてきたような感じです。

勉強しなくてはいけないことが多すぎて、圧倒される感じもありますが、最近は「これをやりたい」と思うと、目の前にサポートしてくれる人が出てきたりしますので、そういったことも楽しみながら、やっていこうと思っています。

ゆいさん、蔵王のリトリート、ありがとうございました。

やさしくさわやかな南蔵王の土地に包まれて、体調もとてもよく、すっきりと過ごせた5日間でした。

帰宅してから、本当に行ったの?と、思うくらい、夢の中の出来事のように感じられます。

祝福式に参加できたことが、嬉しく、大変心に残りました。

赤ちゃんの存在がとても大きく感じられ、沢山の甘く優しい、そしてさわやかな光を感じました。家族という器が形成されるそのことも、感動しました。

なにより、すみのちゃんが、お母さんになった!! ことが、とても嬉しかったです。

おこぼれをいただき、私も新しいスタートのエピローグが見えてきた、そんな感じです。漠然としていたことが、具体的になりました。

クラスでゆいさんの口から語られる言葉が、自分のための物語を聞くような満足感があり、また、耳の痛いこともありました。

あれほど、暗闇が怖かったのに、あの夜の森に戻りたくて仕方がないのです。

満月に向かう月の光が、木々の葉を銀色に照らし、暗闇初心者の私に光を届けてくれました。

最後の夜は雨上がりで、草の上に沢山の雨粒が、星のように輝いていて、本当にきれいでした。生命体のようにも見え、不思議なかんじがしました。

テラスで、ガイダンスの練習をしながら、常に子供が起きたらどうしよう…という思いがあり、全てを手放して、できるようになりたいものです。

これが、修行なのでしょうか…。

家族で参加できるよいところは、家に帰っても、お互いのギャップが少ないことです。

子供たちも少しずつ大きくなり、以前は家族とクラスの間で葛藤がありましたが、今回は、とても楽な精神状態でいられました。家族として受け入れていただいていることに、本当に感謝します。

ゆいさんと馬に乗れたことも、とても楽しかったです。

めざすは、ゆいさんの5チャクラ。ブレがないって、こういうことなのだ…と背中を追いかけながら、感動していました。

今度はいつ[馬の]小雪ちゃんに会いにいこうかしら、と思いを巡らせて楽しんでいます。家族もまた行く気です。

食事はおいしかったし、水、空気、暖炉の火、森も馬も人も、全てが、やさしく私の内を満たし、とろけさせてくれました。ありがとうございました。

祝福式のときの写真をお送りします。

出産してから、ばたばたとすごして時間だけがすぎていた日々でしたが、祝福式をしていただいてから、なにか一区切りついて仕切り直しができたような感じがしています。

夫もとても感激していて、時間は短かったけれど、とても充実していたと話していました。

祝福式は本当にわかりやすい言葉で話していただけて、うれしかったです。

式にでてからは

・本当に気がついて、意識しながら生き続けなければならないということ。
・目の前に、私たちのもとに産まれてきてくれた子が、本当にいるんだということ。
・幸せも悲しみも、同じように存在していて、それを認め受け入れて生きていくのだというようなこと。

色々な気付きがあり、子供が生まれた自分の人生を、客観的に見ることができた貴重な体験でした。

それには、出席してくれた人たちがいたことも大きかったと思います。

初めてやわらかく、温かな「コミュニティー」や「器」のようなものにリアルに触れた経験でした。

それはなにか「ああ、自分達は大丈夫なんだ」と思えるものでした。

ここからあらたに家族で一歩を踏み出せそうです。

本当にありがとうございました。

追伸:あのトンボには本当にびっくりしました。あんなこともあるんですね〜*

[* 式が始まると同時に大きなオニヤンマが窓から入ってきて、ずっと部屋を飛び回り、式が終ると同時に窓から出ていった出来事]

蔵王リトリートの感想を送ります。

みんなの感想を読んでいたら感動も新たに、豊かで柔らかな蔵王のエネルギーと赤ちゃんの祝福式での、たくさんの人や存在からの喜びのエネルギーがよみがえってくるようでした。

自然と人、目に見えない存在の優しくて大きいエネルギーに抱かれたような5日間だったと思います。

夕食時のたき火も嬉しかった! 四大元素を満喫できました。

滞在中はおもに宮城蔵王の女性的なエネルギーを感じていました。

満月の影響も大きかったと思います。

その後の心理療法では、ここ何回かのセッションで自分の女性性に意識があたってきていたことを言われ、「あ〜そういえばそうだった」と、表層意識では意識し
ていなかったけれど、無意識ではそこにアクセスしていたからなのかなと思いました。

そして、何より大きかったのは暗闇に入ることができたことです。

あまり馴染みもなく怖いと思っているものでしたが、初めに電気が消えた時、ワクワクしている自分がいたのでちょっとびっくりしました。

実際に森に出てみると、多少の緊張はあったものの森は静かに受け入れてくれて、怖いと思っていたのは自分自身の内にあるもの、心の状態の反映なのだということを感じました。

あれから、ぽつぽつと楽しみながら暗闇との関係を深めています。

赤ちゃんの祝福式はほんとうに素晴らしく、その場にいることができたことに感謝します。

温かく柔らかな祝福のエネルギーが共鳴しあいながら赤ちゃんと家族を包み、そして空間全体に広がりまた共鳴していく感じがしました。

儀式というものの意味、それに少しですが触れられたような気がします。

新たに赤ちゃんも加わり、一段とにぎやかなコミュニティになっていきそうで、ますます楽しみです。家族同伴のリトリートでは、それぞれの家族の姿を見せてもらえることも大きいです。

その器を支えてくださっているユイさん、ほんとうにいつもありがとうございます。

安心して暗闇に入っていけたのも、器があったからこそだと思います。

このいただいた経験をきちんと自分のものに落とし込み、家族、日常生活に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。

ケーキ
卒業式のお祝いに準備されたケーキ

今年で7年目になった夏の集中研修(長野)ですが、本当にいろいろな意味で充実していました。

初の統合エネルギー科の卒業式は、もちろん重要な出来事。

式に11人の子供たちがいっしょに参加してくれたのにも、大きなメッセージが込められていたと思います。

子供たちの多くは過去の研修にも出ていて、フラワーエッセンス療法科の卒業式にも参列しているので、実は連戦の研修参加者(笑)。

教室でお母さんたちがレクチャーを聞いたりヒーリングの実習をする間、横で静かに夏休みの宿題をしたり絵を描いたりしているのも、毎年のことながらほほ笑ましい光景です。

そしてこれも毎年、子守りに奮闘するお父さんたちにも感謝と感嘆を禁じえません。あらゆる年齢の子供たちをまとめ、川で遊ばせたり、バーベキューや花火をしたりと、朝から晩まで驚くべき忍耐と体力です(笑)。

とにかく楽しくて、本当にあっという間の5日間でした。

以下は参加者の感想から紹介します。

オオハンゴンソウ
施設のすぐそばに群生していたオオハンゴンソウ

研修に参加したのは、昨年に引き続き2回目でした。

リトリートの醍醐味は、クラスをみっちり受けられるということと、そこで得た経験を参加者の皆さんと一緒にシェアして過ごせることだと思います。

バーベキューをしながら川で遊んだり、地元のお祭りに飛び入り参加して、焼きとうもろこしをサービスして頂くという嬉しい交流もありましたし、普段あまり会えない方々と一緒に、お食事をしながらお喋りをする何気ないひと時も、私にとってはとても貴重なものでした。

今年は特に、統合エネルギー療法科から初めて卒業生が出ることに加えて、先生である由衣さんも正式な聖職者になられたばかりでしたから、本当の意味での「卒業の儀式」に参加できるという事もあり、事前から期待と興奮でいっぱいでした。

長い間皆を支えて下さった大先輩が卒業してしまうということは、後輩の自分にとっては喜ばしくもあり寂しくもあり、複雑な感覚でしたが、式は愛情溢れる本当に素晴らしいものでした。

こんなに重みのある「卒業式」は、自身を振り返ってみてもなかったことです。

最後に子供たちと大騒ぎしながら食べた大きなケーキは、最高においしかった!! 参加出来て本当によかったと思います。

ありがとうございました。

研修では、今まであまり意識していなかったアルケミーの歴史の重みが、由衣さんを通してすごく身近に自分の事として感じられ、また自分が何をするべきかを突き付けられたような気がしました。

簡単ですが、感想を送ります。

久しぶりのクラスでしたので、いちいち感動していました。

レクチャーは、ひとつひとつが胸にしみこんで、魂が満たされるという喜びを感じました。

神経系のヒーリングの実習では、[クラスメートから]とてもパワフルなヒーリングを受けられて、クラスの器の深さを感じました。

それと、ウエイトトレーニングをしないとクラスに在籍していられなくなるな…と思うくらいの勢いで、ゆいさんがおっしゃていたので、夫と一緒にやってみる予定です(なぜウエイトトレーニングが必要なのかが、わかったので)。

普段の生活では、全体を見回して、気をつかって、そのように動いて…と、いつも気をはっているのですが、クラスにでると、ボケッとただそこにいることを許されているのだ!! ということに気づきました。

貴重な場です。年に一回でもそこに戻れるというのは、私にとっても、子供にとっても、(多分、夫にとっても)ラッキーだと思います。ありがとうございました。

卒業式は、とても高いエネルギーを感じました。フラワーエッセンスの卒業式の時は、密度の濃いお堂のなかにいるような感じでしたが、今回はすっきりとしていて、光がまぶしかったです。

何年か前に高原さんとお茶を飲んでいたときに、「ヒーラーは真剣にクライアントと向き合って、そこにいられるかということだけなんや」とおっしゃっていたことを思い出しました。その言葉通りのことを、体現されていることに、感動しました。