女性のための集中講座「自分自身のすべてを取り戻す(はじまり)」

2017年10月

女性のための集中講座
「自分自身のすべてを取り戻す(はじまり)」
Making Ourselves Whole
— Path of Healing and Self-Reclaiming

 

短期集中講座では、メインのWebクラスの間をぬって、特定のテーマやトピックでWebレクチャーや講座を行います。

・ライブクラスは終了しました(2017年10/7、10/14、10/21)
・レクチャーの録音受講の申し込みはこちからから Webクラス 録音受講

以下は今回のトピックの一部です。

女性としての自分はどのように形作られているか
生物学、発達心理学、深層心理学、社会、文化、
エネルギー(エネルギーフィールドとチャクラコード)の視点

問題提起
結婚はしなければいけないか
子どもは産まなければいけないか
女性・娘としての役割は誰が決めるのか

家族と社会からの条件づけ=家族と社会のために個人を制限する

何が自分を形作っているか=何が自分を制限しているか

この時代と日本という国が女性に課す制限

条件づけの仕組み (1)集団深層意識からの圧力

目に見えない圧力もすべてエネルギーとして作用する

条件づけの仕組み (2)親・家族・配偶者・親しい人々との関係性

人間関係があるところにはエネルギーの絆(コード)が結ばれる

個人の成り立ち 遺伝・家系的要素

個人の成り立ち 自我と自己アイデンティティ 意識と無意識の境目

個人の成り立ち 魂としての自分
(人は白紙で生まれてくるのではない)

発達心理学・対象関係論
生い立ち 親や家族との関係が自分を作る

社会心理学 成長の過程 社会からの期待と制限が自分を作る

エネルギー心理学
心理・社会現象をエネルギーの流れ、やりとりとして見る

社会や家族の深層集団意識にとっては、その集団の自己保存がゴール

日本社会は罪悪感を使って個人を支配する

隠されてきた歴史に見る女性の本質と力

現代社会が示す女性のあり方 誰にとって都合がよいか

魂の視点からの理解
この時代、この国に女性として生まれたことの意味

男性と女性は異なっており、対等である

結婚や出産を選ばない女性の大切な役割

抑圧されている女性の強さ、知恵、本来の能力を引き出し表現する

ライブクラスでは受講者からのトピック提起も考慮。

受講者からの感想や質問に応じて、次回の講座を設定します。

次回日程

2018年 日程検討中(3-4回、土曜日の夜)
22:00-23:30頃

・ライブストリーミングによるレクチャー形式の講座です。

・逃した回は録音で聴くことができます。

 

 

 

・基本的に音声(+静止画像)のストリーミングなので、携帯や帯域の限られた回線からでもスムーズに視聴できます。

・逃した回は録音で聴けます。

・エネルギー管理の理由で、この講座の参加は女性のみです。