Web 基礎 ハンズオンヒーリング

Web Lectures

Foundation of Hands-on Healing

Web講座 基礎レベル ハンズオンヒーリング

 

Webクラスのヒーリング系講座は、対面で実施される実技講座と合わせて受講することで、バランスよくハンズオンヒーリングの基礎を築き、知識、理解と実技能力を育てます。

SHASでヒーリングを学び始めるには、まずWebクラスと、対面講座(6つのモジュール)を受講してください。

講師は1995年にアメリカのヒーリングカレッジ(フロリダ州認定単科大学)バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング(Barbara Brennan School of Healing、BBSH)の4年制ヒーリングサイエンス課程を卒業。同校にて3年間、第3学年の教師を務めました。

その後、2009年にロザリン・L・ブリエール博士の指導する神学校(Healing Light Center Church、HLCC)の修士課程を卒業し、HLCC付属の牧師として任職。

1995年にBBSHを卒業以来、現在まで20年以上、ヒーリングの臨床と教育に携わってきました。

ブレナン博士の『Light Emerging(癒しの光)』の翻訳者でもあります。

参考書籍
・ロザリン・ブリエール『光の輪
・バーバラ・アン・ブレナンバーバラ・アン・ブレナン
光の手(上)』『光の手(下)』『癒しの光(上)』『癒しの光(下)
・ドロレス・クリーガー『セラピューティック・タッチ』『セラピューティック・タッチの技法

これまでのハンズオンヒーリングWeb講座

2014年度の「ヒーリングの理論 I」では、「近代のヒーリングはどのように発展してきたか」というテーマで、主要なヒーラーやヒーリングの体系に共通する、エネルギーとヒーリング、チャクラやオーラについての理解や考え方をおさえながら講義。

テキストには近代のエネルギー・ヒーリングの鋳型となった多くの理解、テクニックやチャクラ・コードについての知識を初めて導入したエイミー・ウォレスと、 看護師向けのエネルギー・ヒーリングであるセラピューティック・タッチの創始者ドロレス・クリーガー博士の著書をテキストに講義を進めました。

2015年度の「ヒーリングの理論 II & III」では、同様の枠組みに沿って、ロザリン・L・ブリエール博士とバーバラ・アン・ブレナン博士の著書をテキストに講義を行いました。

2016年度のヒーリング講座は「ヒーリングの理論 III(パート2)」と「ハンズオン・ヒーリングの基礎 7つのチャクラ、エネルギー体とセルフヒーリング」です。

2016年度の「ヒーリングの理論 III(パート2)」では、ロザリン・ブリエール博士の『Wheels of Light』にテキストを絞り、講義を続けていきます。

UCLAのヴァレリー・ハント教授、コンティニュアム・ムーヴメントの創始者エミリー・コンラッド、ロルフィングの創始者アイーダ・ロルフらとともに、科学性と精神性の両面から肉体、エネルギー、ヒーリングにとり組んだブリエール博士の人生は、そのまま近代ヒーリングの歴史でもあります。

広告・広報的な活動を一切行わない古風な仕事の姿勢から、21世紀に入り、博士の名前を知る人の数が少なくなりつつある現状ですが、7つのエネルギー体(エネルギーフィールド)の分け方と命名や、エネルギー・キレーションなどの具体的なテクニックを含む博士の業績と影響は、世界中のヒーリングスクールやエネルギー療法の分野に浸透しています。

講師はロザリン・ブリエール博士の指導する神学課程を9年間かけて卒業し、また博士が引率指導するカナダの先住部族の居留地での奉仕活動にも3度にわたり参加。

臨床にも博士の教えを実践しつつ、公私での関わりを通して、じかにその言葉を聞き、人となりを経験してきました。これらを背景に、文章だけからは伝わりきらないブリエール博士の教えを汲み上げ、臨床に役立つ実用的な知識と合わせて伝えていきます。

参考
☆ 「ヒーリングを通しての奉仕活動(カナダ)1
☆ 「ヒーリングを通しての奉仕活動(カナダ)2
☆ 「ロザリン・ブリエール師の訪問

「ハンズオン・ヒーリングの基礎 7つのチャクラ、エネルギー体とセルフヒーリング」では、School of Healing Arts and Sciencesの統合アルケミー的な視点からハンズオン・ヒーリングとエネルギー・ヒーリングについて理解を進めつつ、一つ一つのチャクラとエネルギー体に合わせた自己ヒーリングにとり組んでいきます。

タイトルは「セルフヒーリング」ですが、ヒーリングを学んでいる人や各種療法のプラクティショナーの人たちには、一つ一つのチャクラについて理解を深めつつ、自分自身の癒しと成長、変容のプロセスにとり組むことで、ヒーリングを通してクライアントのチャクラに働きかけたり、特定のチャクラのテーマに沿ってクライアントの癒しと成長を助ける力が育ちます。

フラワーエッセンスを学ぶ人たちのためには、チャクラのフラワーエッセンスの対応についても触れていきます。

合わせて、日常的なホームケアの範囲で、自分や家族のために使えるシンプルなヒーリングも学びます。


「ヒーリングの理論 III(パート2)」

テーマ
ロザリン・ブリエール『Wheels of Light』をベースに、近代ヒーリングの理論と土台になる技術を、精神的伝統と科学性の両面から学ぶ

ベース・テキスト
『Wheels of Light』Rosalyne L. Bruyere
邦訳『光の輪

参考
『Psychic Healing Book』Amy Wallace
『Therapeutic Touch』『Personal Practice of Therapeutic Touch』Dolores Krieger
邦訳『セラピューティック・タッチ』『独習セラピューティック・タッチ』
『Hands of Light』Barbara Ann Brennan
邦訳『光の手(上)』『光の手(下)
『Light Emerging』Barbara Ann Brennan
邦訳『癒しの光(上)』『癒しの光(下)

アウトライン

クラス1
テキスト第1章と第2章から(ポイント復習) チャクラとオーラフィールドを伝統的・精神的視点、科学的視点からみる(古代の伝統。ヴァレリー・ハント、エミリー・コンラッド、アイーダ・ロルフとともに行ったUCLAでの研究。チャクラとオーラフィールド/ヒューマンエネルギーフィールド)。
講義 7つのチャクラと7つのエネルギー体(存在、感情、思考、変化と成長、表現、創造性、統合)。チャクラの機能と内的・外的な対応。人間存在の地図としてのチャクラ

クラス2
テキスト第3章 から「生命エネルギー場としてのオーラ/HEF」「オーラの周波数、色、倍音」「チャクラの位置とエネルギーの流れ」
講義 ロザリン・ブリエールの体系を特徴づけるもの:チャクラごとのエネルギー周波数の変化=人間の変容プロセス。ヒーリングとアルケミー 人間を「大地と天を結びつける一つの系」として見る

クラス3
テキスト第3章から 「チャクラの位置とエネルギーの流れ」「チャクラの回転(スピン)と回転の方向」
自習課題 ペンデュラムの使い方 ペンデュラムを使ってチャクラの状態を知る

クラス4
テキスト第3章から 「チャクラ間の相互関係と周波数の変化」「送り出す(アウトプット)チャクラと取り入れる(インプット)チャクラ」「チャクラの色」

クラス5
テキスト第3章から 「チャクラの極性」「バランスされたエネルギーフィールドを維持する」「チャクラのずれを防ぐ」「チャクラどうしの関係が整っている状態」
自習課題 チャクラが整合した状態を感じる

クラス6(ライブクラス) 質疑応答、時事トピックなど(ヒーリング・トラック共通)

ヒーリング・トラック共通 追加セグメント
講義 グラウンディング(大地に根を下ろす、肉体を通して大地/物質世界を感じる)
グラウンディングのためのメディテーション

クラス7
テキスト第4章から 「からだのスキャニングとエネルギーの伝達(エネルギーを流す)」
練習 オーラのスキャン エネルギーの状態を感じとる

クラス8
テキスト第4章から 「癒されることへの抵抗」「健康の定義」

クラス9
テキスト第5章から 「第1チャクラとクンダリーニ・エネルギー、伝統的な理解」 「第1チャクラとさまざまな古代文化の参入儀礼 アメリカ先住部族 、ギリシャ、エジプト他」
講義 近代の西洋文明と第1チャクラ さまざまな文化と第1チャクラ

クラス10
テキスト第6章から 「第1チャクラ クンダリーニと肉体の座 神経系 呼吸 クンダリーニの覚醒」

クラス11
テキスト第6章から 「現代文明における第1チャクラの抑圧」
テキスト第7章から 「クンダリーニ/第1チャクラとカリスマ」
講義 第1チャクラとカリスマ 仕組み 実例 強める 適切に使う

クラス12  質疑応答、時事トピックなど(講座共通)

「ハンズオン・ヒーリングの基礎
7つのチャクラ、エネルギー体とセルフヒーリング」

テーマ
統合アルケミー的な視点からハンズオンヒーリングについて理解し、チャクラごとの自己ヒーリングに取り組むことを通してヒーリングについてより深く学び、ヒーラーとしての器(うつわ)の形成を進める

アウトライン

クラス1
ヒーラーとしての道のり 自分自身の癒しと成長=ヒーラーとして他の人を助けるための土台  ヒューマンエネルギーフィールドとハンズオン・ヒーリングの基礎的な仕組み 内面と外面、大宇宙と小宇宙の対応=アルケミー 統合アルケミー・ヒーリング アルケミー・プロセスの地図としてのチャクラ 7つのチャクラと7つのエネルギー体(概要)

クラス2
7つのチャクラと7つのエネルギー体
チャクラと肉体の組織、臓器、内分泌腺の対応
チャクラ1 肉体 生み出す力 土台になる生命エネルギーの座 この世界に生きる意志
第1チャクラの機能がよく発達している人 第1チャクラを癒す、強める

クラス3
チャクラ2 感情体 自己感情の座
消化器系(腸) 吸収する力
免疫系・リンパ系 自分と他を区別し、個体としての自分を守る力
第2チャクラの機能がよく発達している人  第2チャクラを癒す、強める

クラス4
チャクラ3 知性体 考え、選り分け、分析し、配分する力 自我の力
消化器系(胃) 分解する力
消化器系(肝臓・胆嚢・膵臓) 分解し、有害なものは排除し、必要なものはキープして配分する力
泌尿器系(腎臓・膀胱) 選り分け、必要なものはキープして、不要なものは流し出す力
第3チャクラの機能がよく発達している人  第3チャクラを癒す、強める

クラス5
チャクラ4 アストラル体 異なるものを受け入れ、変化、変容する/させる力 高い感情の座 肉体を超えた世界への最初の扉
循環器系(心臓) 受けとめる力、変化する力、変容する・させる力
循環器系(血管・リンパ系) 支え、つなぎ、維持する力
第4チャクラの機能がよく発達している人  第4チャクラを癒す、強める

クラス6
(ライブクラス) 質疑応答、時事トピックなど(ヒーリング・トラック共通)

クラス7
チャクラ5 エーテル体 神聖な鋳型(テンプレート) 時間との関係性
筋膜と結合組織 魂の乗り物である肉体に形を与える
呼吸器系 外の世界の要素をとり入れ、自分を生かす力に変える
感覚器系(聴覚)・言語機能
第5チャクラの機能がよく発達している人  第5チャクラを癒す、強める

クラス8
チャクラ6 セレスチャル体 魂の座 内的・外的にすべての見る機能 光を見る力
感覚器系(視覚)
第6チャクラの機能がよく発達している人  第6チャクラを癒す、強める

クラス9
チャクラ7 ケーテル体 精神(スピリット)の座 統合・全体性
脳・神経系 精神の通り道
内分泌系 バランスを保つ力、内的コミュニケーション
第7チャクラの機能がよく発達している人  第7チャクラを癒す、強める
チャクラと人生の段階(概要) アルケミー・プロセスの器としての人間

クラス10
シンプルなホームケアとしてのハンズオン・ヒーリング できることとできないこと 禁忌と注意事項

クラス11
アルケミーの伝統とヒーリング
大宇宙・自然と小宇宙・人間の対応
象徴(シンボル)と元型(アーキタイプ)
チャクラとフラワーエッセンス

クラス12  質疑応答、時事トピックなど(講座共通)

☆ 参考 講師による執筆「体と心 チャクラとエネルギー」カテゴリの中の各チャクラやエネルギーフィールド/オーラフィールドについての記事


SHASのヒーリング教育
講座の背景にあるゴール

教えられたテクニックを棒暗記してただ手を置くのではなく、からだとエネルギーのレベルで何が起きているかに気づき、考え、経験を通して学び、成長していくことのできる「知恵あるヒーラー、プラクティショナー」としての土台を作ること。

「知恵あるヒーラー、プラクティショナー」とは、特定の枠組みや名称にとらわれず、エネルギーとヒーリングの本質について理解し、体感・経験的に知り、依頼者(クライアント)とのとり組みの中から、必要に応じて必要な手法やアプローチを選んで使っていくことができ、またその過程を通して成長を続けていくことのできるヒーラーです。

この「ヒーラー」は広い意味で、「ヒーリング」本来の意味を理解してとり組む、さまざまな分野のプラクティショナー(療法家)やボディワーカーを含みます。

もちろん、肉体にパワフルに働きかけるヒーリングの技術や、実際にヒーラー、プラクティショナーとして他の人を支えることを学ぶには、講義を聴くだけではなく、対面クラスに出ることが必要です。

ヒーラーとしての成長には、クラス内での学びや実習に加え、深いヒーリングが起きる場に居合わせることで、自分自身のエネルギーフィールドが変化していくこと、その経験を繰り返し積み重ねていくことが欠かせないからです。

対面の基礎クラスはモジュール形式で実施されるため、どこからでも始められ、そして6つのモジュールをすべて埋めれば、全体としてバランスのとれた基礎が身につきます。

すぐに対面クラスに出るのは無理という人でも、まずWebクラスからスタートして、内的・外的な準備ができたところで対面クラスを開始することができます。

また対面の基礎クラスは初心者の人でもとり組めるレベルで講義と指導が行われるので、ためらわずにとりあえず出てみることもおすすめです。(同時に中級、上級の人でもレベルに応じたとり組みが可能です。)


過去のクラスの録音受講
2012 – 2015年度のWebクラス 録音受講の案内(ページ準備中)

Webクラスの形式

・講義はダウンロードして聴くことでじっくり学べます。必要に応じて資料や画像、参照リンクを添付

・Webクラスの講義はパソコン以外に携帯、iPadやiPodで視聴可能です。ライブクラスは(チャットの使いやすさから)PCがおすすめですが、携帯からもアクセスできます

・質問はメールで → 次回以降の講義やクラスで解答

・専用の受講者ページで連絡事項、追加資料などのサポート

・専門課程入学後は単位になります

2016年度Webクラス(12週)
・講義A「汎神論の自然思想」(14時間/1.25単位)
・講義B「智恵の伝統とヨーロッパの近代思想」(14時間/1.25単位)
・「ヒーリングの理論 III(パート2)」(14時間/1.25単位)
・「ハンズオン・ヒーリングの基礎 7つのチャクラ、エネルギー体とセルフヒーリング」 (14時間/1.25単位)


受講費

・2016年度(2016/11/10 – 2017/3/23) アルケミー・トラック「汎神論の自然思想」「智恵の伝統とヨーロッパの近代思想」 24,900円

・2016年度(2016/11/11 – 2017/3/24) ヒーリング・トラック(「ヒーリングの理論 III(パート2)」「ハンズオン・ヒーリングの基礎 7つのチャクラ、エネルギー体とセルフヒーリング」) 32,900円

・2016年度 アルケミー・トラックとヒーリング・トラックの同時申し込み 51,800円

・2016年からスタートする人で、以下をセットで申し込み 41,900円
– 2016年度のヒーリンング・トラック(「ヒーリングの理論 III(パート2)」「ハンズオン・ヒーリングの基礎 7つのチャクラ、エネルギー体とセルフヒーリング」)
– 2015年度の「ヒーリングの理論 III(パート1)」の録音受講

申込み手続きの詳細は「手続きとFAQ」を参照してください。