絵を描く作業を通してのヴィジョンクエスト

Vision Quest through Art

絵を描く作業を通して、自分の人生のヴィジョンに触れ、

メッセージに耳を傾ける

メディテーション・夢・ヴィジョン

 

妖精と小鳥
「四季の庭」(水彩、鉛筆+ペン&インク)/おうゆい © 2016

 

アート・ヴィジョンクエストの枠組み

School of Healing Arts and Sciencesのアート・ヴィジョンクエストは、アーキタイプ(元型)心理学の生みの親であり、アルケミーの研究者でもあったC. G. ユングのアーキタイプ理論、近代アートセラピー(芸術療法)の手法と、宇宙・自然と人間の魂についてのアルケミー的理解、そして古(いにしえ)からのメディスンの教えを有機的に組み合わせたアプローチです。

参加者は「学校を出て以来、絵なんで描いたことがない」「画材なんて、もう20年も触ったことがない」という人たちがほとんどです。

しかし、自然の恵みに包まれ、創造性が表現されるためのエネルギーの器(うつわ、空間)と、参加者一人一人の創造性・夢・魂の力が重なる時、多くの人たちにとっては、自分では思いもかけなかったような美しくパワフルな表現が生まれます。

自分の魂が直接、手を通して語り、色や形を通して自らを表現する経験。そしてそこに共時性的な形で自然から自分に宛てられたメッセージが届けられるのを経験することは、「自己」というものについての視点を大きく広げ、自分自身との関係を変容させる力を持っています。

これはSchool of Healing Arts and Sciencesのアート・ヴィジョンクエストに参加した人たちによって例外なくシェアされる経験です。

地球の女神
「地球を抱く女神」(水彩、鉛筆、ペン&インク)/おうゆい © 2016

参加には絵の経験は必要ありません。画材の使い方も一から指導します。このページに紹介している作品も含めて、「学校を出てから絵なんて描いたことない」「自分が絵を描くなんて思いもよらなかった」人たちから、多くのパワフルなイメージが生まれています。

SHASのアート・リトリートは、それぞれの人の中にヴィジョンとしてのイメージが生まれ、それを色と形に落とすプロセスを支える器です。

次回のリトリート

 

2018年1月
2018年1月4-10日(6泊) バリ島ウブド プルナティ芸術センター

ウブド郊外にある芸術センターの敷地を貸し切っての実施です。

豊かな自然、心とからだの育まれるリトリート環境、経験ある教師に支えられ、静かで、集中しつつ、同時にオープンな意識の状態に身を置くことで、普段の「自分」を形作っている左脳をバイパスし、より広い世界と本来の自己への扉である右脳に直接アクセス。

そこから絵を描く作業に取り組むことで、驚くほど創造性にあふれ力ある表現、色や形が生まれます。(過去の参加者の作品例はArt of Vision Questページに)
絵の経験はまったく不要。

また絵を描く作業をせず、内省やメディテーション、ジャーナリングをしながら、バリ島ウブドの時間の流れを、ひたすらゆったり過ごすこともできます。

テーマ 「新しい年、時代、自分の人生の段階」

6日間の前半は「手放す」ことに集中的に意識を向けます。

パワフルなシャーマニズム的手法であるリキャピチュレーションを用いて、過去の経験の中で、現在の自分にまだ統合されていないものを振り返り、ざくざくと手放していきます。過去に閉じこめられていた、たくさんの自分の生命エネルギーを取り戻し、再吸収し、今の自分に統合していきます。

4日目は統合のために時間を用い、ゆっくりと過ごします。

5、6日目は未来に視点を向け、自分に本来備わっている、自分という魂の「夢」を物質世界に実現する力を引き出し、自分の仕事や生活環境にグラウンディングさせることに向かいます。

 

バリ島ウブド アート・リトリート

 

申込み手続きは手続き一覧を参照

 

持参するもの

・プリズマカラー(24色以上+単品追加で「白」を5本以上)
24色  48色
単品は東急ハンズや画材店で売っています
(プリズマカラーでもVerithinと書かれているのは違う製品なので注意)
・消しゴム(トンボ、ステッドラーなどの製図用消しゴムと練り消しゴム)
・鉛筆削り
・黒い画用紙(キャンソン紙、ミューズ紙、エスケント紙など)、サイズは四つ切り以上
・定規、三角定規、分度器、コンパス
・画板や下敷き(紙のサイズに合わせて)
・(作画参考用)植物図鑑、動物図鑑など

 

過去のリトリート

 

バリ島ウブド 2017年3月

テーマ「潜在意識と健在意識の壁を超えて、自分自身の奥深くに
あるものに耳を傾け、 より自分の魂の本質的な部分とつながる」

狼とメディスンの輪

 

バリ島ウブド 2014年2月

テーマ「植物と動物の神話とアーキタイプ」

フクロウのメディスン

さまざまな神話や伝承を通して、人間のハート/魂と動物界・植物界との関係をたどっていきます。物語りのシェアを通して自分の魂と特定の植物や動物との関係についても見、感じていきます。

実習

黒い紙とプリズマカラー(ワックス・ベースの色鉛筆)で「光を引き出すプロセス」で描く手法を基礎から学ぶ
自分の魂/ハートから出てくるイメージを描いていく

 

生命の輪

 

バリ島ウブド 2012年8月

テーマ「アート&アーキタイプ」

講義
アーキタイプ(元型)の存在と力について。どのように関わっていくか
マンダラとタロー(タロット、エジプトに源流のある知恵の教えの乗り物としての22のアーキタイプ)について。歴史・秘教的背景

 

大地から天に向かう