関係性エネルギー療法

Relational Energy Theraply

関係性エネルギー療法

講師 ディーン・ラムスデン

関係性エネルギー療法は、発達心理学とチャクラコードヒーリングの体系を組み合わせ、クライアントがより健康な人間関係を結ぶことを可能にする、ヒーリングの専門分野です。

参考 講師による記事
日本語訳
アストラル界について
アストラル・エネルギー入門 目に見えない世界との関わり界について
英語サイト Dean Ramsden Relational Energy Therapy

日本語での関係性エネルギー療法ディプロマコースは、エネルギー療法科のインターン・卒業生以上を対象に実施されます。

これは、クライアントが人間関係での機能性を高めていくのを支える関係性エネルギー療法という専門分野を学び、他者のためにセッションを行うためには、(1)土台になるエネルギーの感知と制御技術が身についていること。(2)自分自身、長期の安定した心理療法セッションを経て、感情面での癒しと成長を経験し、また心理的投影や転移・逆転移などの心理的機序についても、経験的に理解していることが必要なためです。

2018-2020の関係性エネルギー療法のトレーニングは、対面モジュールとSkypeスーパーヴィジョン(グループおよび個人)、学生練習会の組み合わせで行われます。

対面モジュールの場所はタイまたはバリ島を予定。詳細は準備中ですが、時期は2018年の夏を予定しています。

関係性エネルギー療法 ディプロマコース
カリキュラム

SHASの学生または卒業生で、すべてのモジュールと必要なスーパーヴィジョンを受け終わり、考査に合格した人に対して、ディプロマ(修了証)が発行されます。(モジュールの詳しい内容は英語から翻訳中、近く追加)

関係性エネルギー療法300
「モジュール1」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位

関係性エネルギー療法301
「モジュール2」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位

関係性エネルギー療法302
「モジュール3」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位

関係性エネルギー療法401
「 モジュール4」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位

関係性エネルギー療法402
「モジュール5」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位

関係性エネルギー療法403
「モジュール6」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位