関係性エネルギー療法

関係性エネルギー療法
Relational Energy Theraply

 

指導講師 ディーン・ラムスデン

関係性エネルギー療法は、発達心理学とチャクラコードヒーリングの体系を組み合わせ、クライアントがより健康な人間関係を結ぶことを可能にする、ヒーリングの専門分野です。

参考 指導講師による記事(日本語訳)
アストラル界について
アストラル・エネルギー入門 目に見えない世界との関わり界について
英語サイト Dean Ramsden Relational Energy Therapy

日本語での関係性エネルギー療法ディプロマコースは、SHAS統合エネルギー療法科の学生で準備のできた人以上を対象に実施されます。

関係性エネルギー療法では、クライアントが人間関係におけるさまざまな悩みや問題を乗り越え、機能性を高めていくのを助けます。このような形でクライアントと関わっていくためには、
(1)土台になるエネルギーの感知と制御技術が身についていること)。
(2)自分自身、長期の心理療法を経て、感情面での癒しと自己成長を経験していること。また心理的投影や転移・逆転移などの心的機序についても、経験的に理解していることが必要なためです。

第4期は2020年12月から開始の予定です。

関係性エネルギー療法 ディプロマコース
カリキュラム

SHASの学生または卒業生で、必要なモジュールとスーパーヴィジョンを受け終わり、考査に合格した人に対して、ディプロマ(修了証)が発行されます。

関係性エネルギー療法「モジュール1 第1チャクラと第2チャクラ」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位

関係性エネルギー療法「モジュール2 第3チャクラと第4チャクラ」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位

関係性エネルギー療法「モジュール3 第5チャクラと第5チャクラ」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位

関係性エネルギー療法「 モジュール4 アストラルヒーリング」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位

関係性エネルギー療法「モジュール5 特別テーマ」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位

関係性エネルギー療法403「モジュール6 特別テーマ」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位