関係性エネルギー療法

Relational Energy Theraply

関係性エネルギー療法
ディプロマ(修了証)コース

(大幅改訂中)
講師 ディーン・ラムスデン

日本語での関係性エネルギー療法のコース(第3期以降)は、エネルギー療法科のインターン・卒業生以上を対象に行われます。

これは、クライアントが人間関係での機能性を高めていくのを支える関係性エネルギー療法という専門分野を学ぶにあたり、それを実際的な形で身につけ、他者のためにセッションとして提供していくためには、(1)土台になるエネルギー制御の技術、(2)自分自身、長期の安定した心理的取り組み(定期の心理療法セッションなど)を経て、感情面での癒しと成長を経験していることが必要と判断されたためです。

十分な数の受講希望者が揃った時点でコースを開講します。コースの形式やクラスの場所については、その時点で希望者の再大多数のニーズに応じて設定します。内容的には下記の内容をすべてカバーし、その時点で最新の内容が付け加えられます。

エネルギー心理学と
関係性エネルギー療法
講座リスト

(2009年2月18日改訂)

エネルギー心理学

エネルギー心理学 111
「エネルギー心理学 I」(教養レベル)
2日間集中/12クラス時間/1単位
前提条件なし
先回実施 2007年5月、2009年11月

エネルギー心理学 112
「エネルギー心理学 II」(教養レベル)
2日間集中/12クラス時間/1単位
前提条件なし
先回実施 2007年9月、2010年3月

エネルギー心理学 113
「エネルギー心理学 III」(教養レベル)
2日間集中/12クラス時間/1単位
前提条件なし
先回実施 2008年4月、2010年11月

エネルギー心理学 114
「エネルギー心理学 IV」(教養レベル)
2日間集中/12クラス時間/1単位
前提条件なし
先回実施 2008年9月、2011年3月

エネルギー心理学 115
「エネルギー心理学(特別トピック)」(教養レベル)
2日間集中/12クラス時間/1単位
前提条件なし
先回実施 2009年4月、2011年9月

関係性エネルギー療法 ディプロマ(修了証)コース

関係性エネルギー療法は、発達心理学とチャクラ・コード・ヒーリングの体系を組み合わせ、クライアントがより健康な人間関係を結ぶことを助ける、ヒーリングの専門分野です。

次回(第3期)より、受講にはSchool of Healing Arts and Sciences統合ヒーリング科のインターン以上であることが必要。「エネルギー心理学」111、112、113、114、「関係性ヒーリング」300、301、302、401、402、403をすべてを修了した学生に対して修了証が発行されます。

関係性エネルギー療法300
「関係性エネルギー療法の基礎」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位
前提条件  関係性エネルギー療法 ディプロマ・コースに受け付け済み
先回実施 2009年11月

関係性エネルギー療法301
「関係性エネルギー療法 I(母性)」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位
前提条件 関係性エネルギー療法300 受講済み
先回実施 2007年5月・2010年3月

関係性エネルギー療法302
「関係性エネルギー療法II(父性)」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位
前提条件 関係性エネルギー療法300、301受講済み
先回実施 2007年12月・2010年11月

関係性エネルギー療法401
「関係性エネルギー療法III(チャクラ、チャクラコード、思考体)」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位
前提条件 関係性エネルギー療法300、301、302受講済み
先回実施 2008年4月・2011年3月

関係性エネルギー療法402
「関係性エネルギー療法IV(脳幹、中脳、扁桃体、頭部のチャクラ)」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位
前提条件 関係性エネルギー療法300、301、302、401受講済み
先回実施 2008年9月・2011年11月

関係性エネルギー療法403
「関係性エネルギー療法V(統合)」(専門レベル)
4日間集中/24クラス時間/2単位
前提条件 関係性エネルギー療法300、301、302、401、402受講済み
先回実施 2009年4月・2012年3月