オンライン講座

オンライン講座
Online Lectures and Courses

あらまし

School of Healing Arts and Sciencesでは、2010年から遠隔講座を行なっています。当初は電話会議室からスタートし、現在はZoomの会議室およびセミナー(ウェビナー)機能を使用しています。

遠隔にいて長期にまたがって学んでいくことのできるSHASの遠隔教育プログラムは、長い視野で学ぶことにコミットした安定した受講者層に支えられてきました。またアジア、ヨーロッパ、北米など海外からの受講者も加わり、自立性のある受講者が、場所と時間にとらわれず学んでいくことのできる場になっています。

これまでに実施されてきた講座・現在進行中の講座


アルケミー、ヘルメス派神学、知恵の伝統シリーズ

過去からの伝統と智恵の流れを受け継ぐための足場作りのクラスです。

またフラワーメディスンやアルケミーについて深く学ぶための歴史と哲学面での土台作りも兼ねています。

録音講義の視聴

精神的世界史 アルケミーの系譜とアルケミストの道のり
2013年のWebクラス「精神的世界史 アルケミーの系譜 東洋と西洋 道はどこにつながる」というタイトルで行われた講義の前半。
(MP3ファイル/30分。ファイルが大きいので、接続環境により音声が出るまでに数分ほどかかります)

2015年度のアルケミー・トラックから、質疑応答(2015年10月29日)
(MP3ファイル/22分。ファイルが大きいので接続環境により音声が出るまでに数分ほどかかります)

このシリーズは講義中心の学びです。

実際の経験を通して自然の中のエネルギーや存在を感じとり、自然との双方向的な関係を築くことを学ぶには、オンライン講座の受講と合わせて、関連するテーマの集中研修への参加をおすすめします。

☆ フラワーメディスン集中研修
☆ シャーマニズムとセレモニー集中研修

ヒーリングをテーマにした講座

オンラインのヒーリング講座は、ハンズオンヒーリングの学びの土台になる知識と理解を育てます。対面の講座と合わせて受講することで、バランスよく知識・理解・技術を身に付けることができます。

SHASでハンズオンヒーリングを学び始めるには、まずオンライン講座からスタートし、可能なところで対面の講座を受講してください。

☆ オンライン「ヒーリングの基礎 I、II」(講義中心)
☆ オンライン「ハンズオンヒーリングの基礎実技1・2・3・4」(基礎実技)

講師はアメリカのトップ・ヒーリングカレッジ(フロリダ州認定単科大学)バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング(Barbara Brennan School of Healing、BBSH)の4年制ヒーリングサイエンス課程を1995年に卒業し、同校にて3年間、第3学年の担任教師を務めました。

その後、ロザリン・ブリエール博士の指導する神学校(Healing Light Center Church Seminary)修士課程に入学、9年間かけて卒業し、HLCC所属の牧師として任職。ブリエール博士の率いるカナダの先住部族居留地でのハンズオンヒーリング奉仕活動にも3回にわたり同行しています。

SHASの基礎講座の「基礎」は、初心者(Beginner)向けということではなく、その後に積まれる訓練のための「土台」(Foundation)を意味しています。

25年間、ヒーラーとして臨床に携わり、またヒーリング教育の現場で教師としての指導経験を積んできた講師による、広く深い講座は、ヒーリングを本格的に学びたいすべての人にすすめられます。

参考
ヒーリングを通しての奉仕活動(カナダ)1
ヒーリングを通しての奉仕活動(カナダ)2
ロザリン・ブリエール師の訪問

SHASのヒーリング教育
講座の背景にあるゴール

教えられたテクニックを棒暗記してただ手を置くのではなく、からだとエネルギーのレベルで何が起きているかに気づき、考え、経験を通して学び、成長していくことのできる「知恵あるヒーラー、プラクティショナー」としての土台を作ること。

「知恵あるヒーラー、プラクティショナー」とは、特定の枠組みや名称にとらわれず、エネルギーとヒーリングの本質について理解し、体感・経験的に知り、依頼者(クライアント)とのとり組みの中から、必要に応じて必要な手法やアプローチを選んで使っていくことができ、またその過程を通して成長を続けていくことのできるヒーラーです。

この「ヒーラー」は広い意味で、「ヒーリング」本来の意味を理解してとり組む、さまざまな分野のプラクティショナー(療法家)やボディワーカーを含みます。

もちろん、肉体にパワフルに働きかけるヒーリングの技術や、実際にヒーラー、プラクティショナーとして他の人を支えることを学ぶには、講義を聴くだけではなく、対面クラスに出ることが必要です。

ヒーラーとしての成長には、クラス内での学びや実習に加え、深いヒーリングが起きる場に居合わせることで、自分自身のエネルギーフィールドが変化していくこと、その経験を繰り返し積み重ねていくことが欠かせないからです。

対面の基礎講座は、さまざまなテーマで提供され、継続的に受講していくことで、全体としてバランスのとれた基礎が身につきます。

すぐに対面クラスに出るのは無理という人でも、まずオンラインまたは録音で講義を聞くことからスタートして、内的・外的な準備ができたところで対面講座に出始めることができます。

☆ 新規の講座や研修の受講手続きは、「クラスの案内と参加者の感想」セクションにあります(スケジュール順ではなく告知順)。

☆ 過去のオンライン(Web)講座の録音受講の手続きは、「オンラインクラスの録音受講」ページにあります。