校長プロフィール

王 由衣(おう ゆい)
Director, School of Healing Arts and Sciences

校長プロフィール

 School of Healing Arts and Sciences校長、ヒーラー、教育家、聖職者。

 ニューヨーク州立大卒(理学士)、バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング(Barbara Brennan School of Healing/BBSH、フロリダ州認定単科大学)4年制ヒーリングサイエンス課程卒。

 ニューヨーク州 Center for Intentional Living(CIL)3年制心理療法課程卒(ユング心理学、対象関係論)。

 米国アライアンス統合医療病院 医療エネルギーヒーリング研修修了。

 カリフォルニア州Healing Light Center Church(HLCC)神学校 神学課程卒(神学修士、自然神学専攻)。

 子供の頃から「隠された知恵の教え」を追い求め、十代のはじめに、目に見える世界と見えない世界をつなぐアルケミーの教えが自分の道だと確信。

 大学時代にアメリカに渡り、アメリカ先住部族の知恵の伝統であるメディスンの道を学び、以来アルケミーとメディスンの教えを生き方の土台とする。

 1995年にBBSHニューヨーク校を卒業後、ヒーラーとして臨床に携わりながら、同校で第3学年の担任教師を務め、以来ヒーリングとフラワーエッセンス療法の分野で臨床と教育に携わる。

 1999年に同校を退職、ヒーリング教育センター(現 School of Healing Arts and Sciences)を設立。

 1999年よりロザリン・ブリエール博士の下で補完医療としてのハンズオンヒーリングを学び、2009年に同博士の指導する神学修士課程を卒業、Ordained Minister(聖職者)として叙任。

 フラワーエッセンスの分野では、ヒーリングスクール在籍時代から学びを続け、故ジェシカ・ベアー医師のバック(Bach、バッチ)療法体系、カリフォルニアのFESの療法理論を学んだ。

 FESの集中研修には1度目はFESの奨学生として、2度目は日本語グループの通訳として参加している。

 その後、長年の研究と実践を重ね、現在はフラワーレメディとフラワーエッセンスを、人と自然の関係性に基づいた癒しと成長の道すじである「フラワーメディスン」として教えている。

 長年、ラコタ族の血を引くメディスンウーマンである師の指導を受け、現在もシャイアン族の血を引くメディスンマンの薫陶を受けながら、実践と学びを続けている。

 民族植物学者テレンス・マッケンナ、考古学者マイケル・ハーナー(コアシャーマニズムの思想)、文化人類学者アンジェレス・アリエンの思想や研究にも影響を受けている。

 クラスでは、統合エネルギー療法としてのハンズオンヒーリングの理論と臨床、生物学、心理学、芸術、哲学、比較文化論、アルケミーの伝統、メディスンの教え、シャーマニズムのアプローチなど、多様な分野を縦横無尽にカバーしながら講義。

 2008年には九州大学21世紀プログラム「課題提示科目 II」の講師も務めた。

 ヒーリングと教育活動の傍ら、翻訳や執筆活動にも従事。翻訳書『癒しの光(上)』『癒しの光(下)』バーバラ・アン・ブレナン、『フラワーエッセンス・レパートリー』パトリシア・カミンスキ、リチャード・キャッツ。

 最近では『魂の医療』にインタビュー掲載(「フラワーエッセンスとフラワーメディスン 自然との関係を結び直す」と「ハンズオンヒーリング エネルギーの使い手」)。

 趣味は乗馬とダイビング。

 無類の動物好き。

 楽しみは絵を描くこと。

「楽譜を読む天使」
楽譜を読む天使」ペン画/おうゆい © 2017
Goddess Holding Our Planet
地球を抱く女神(水彩)/おうゆい © 2017

 魔術と錬金術をテーマにした小説も執筆中 。

 人間存在の持つ可能性をあらゆるレベルで追求し体現することと、そこから生まれる自由を生きることが人生のテーマで、他の人々が同じような道程を追求するのを助けることが生き甲斐。

☆ ブログ「女神の青い蓮、聖母の青い薔薇

☆ School of Healing Arts and Sciences 校長の書き物ライブラリ

☆ Twitter Healing_Alchemy

虎をもふる
もふ