講師プロフィール

Advisor and Instructor, School of Healing Arts and Sciences
Dean Ramsden/ディーン・ラムスデン

 

 

School of Healing Arts and Sciences顧問・講師、ヒーラー、教育家。

もと英国原子力科学技術官。

精神的な教えを求めて渡米後、エネルギーヒーリングに興味を持ち、医学気功の大家 Tzu Kuo Shih 老師と国際的ヒーラーのロザリン・ブリエール博士に師事。

さらにバーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング(Barbara Brennan School of Healing/BBSH、フロリダ州認定単科大学)で学んだ。

BBSHヒーリングサイエンス課程卒(1992年)、ニューヨーク州Center for Intentional Living(CIL)心理療法課程卒(対象関係論)、ハコミ心理療法専門トレーニング修了。

1992年にBBSHを卒業後、1993年より同校の教師となり、1994年から2003年まで第2学年の学年部長。1999年から2001年までは同校の副理事長を兼任した。

BBSH在職当時から、とくに人間関係とチャクラコード(チャクラとチャクラをつなぐエネルギーのつながり)のヒーリングに深い興味を持ち、研究を進め、プロのヒーラーとして仕事をしながら多数の臨床データを収集。

2003年にBBSHを退職後、これらの成果をもとに、古典的なチャクラ心理学、最新の発達心理学と関係性心理学、近代のエネルギーヒーリングの技術を組み合わせ、「関係性エネルギー療法(Relational Energy Therapy)」として統合し、ヒーラーのためのトレーニングプログラムを創設。

以来、カリフォルニアのトランスパーソナル心理学研究所、ニューヨークのオメガ・インスティテュートをはじめとして、アメリカ、ヨーロッパなどで関係性エネルギー療法を教え、またスーパーヴァイザーとして多数の後進ヒーラーの指導に当たっている。

2008年には九州大学21世紀プログラムでも講師として教鞭をとった。

2006年からはSchool of Healing Arts and Sciencesの専門教育プログラムとして、3年制の関係性エネルギー療法ディプロマ(修了証)コースを教える。また基礎・中級レベルのエネルギー心理学の講座も行っている。

2016年にはヨーロッパでも関係性エネルギー療法ディプロマ(修了証)コースを開始。

ウェブサイト&ブログ(英語) DeanRamsden.com