オンライン講座 フラワーエッセンスの基礎(マテリア・メディカ編)

フラワーエッセンス基礎講座 I (10回のオンラインクラス)<録音受講可能>
フラワーエッセンス基礎講座 II (11回のオンラインクラス)<録音受講可能>
Flower Essence Materia Medica I & II

カリフォルニアポピーの花
カリフォルニアポピー(サンガブリエル山脈の麓で)

まず先にこちらを通読してください。

SHASでフラワーエッセンスを学ぶ 2020年から先へ


「フラワーエッセンス基礎講座 I、II(マテリア・メディカ編)」は、フラワーエッセンスを基礎から学びたい人にも、今まであちこちで学んできたことを自分の中でしっかりとまとめたい人にも。

またすでに他分野のプラクティショナーとして仕事をしていて、新たにフラワーエッセンスの理解を自分の仕事に組み入れたいと考えている人にも、おすすめです。

I と II、合わせて21回の講義+1回の質疑応答を通して、イギリスと北アメリカのエッセンスを中心に150種類の汎用性の高いフラワーエッセンスについて、花の姿と顔立ち、植物学的特徴、エッセンスとしての働き(感情やエネルギー体への作用)などを含め、しっかりと説明していきます。

伝統的に薬草(ハーブ)として使われてきた植物については、その効能と、エッセンスとしての性質の対応についてもとり上げます。

主要な150種類のエッセンスについて、詳しく具体的な手触りを身につけることで、自分自身とクライアントのために、エッセンスの選択を自由に、かつ的確に行っていけるようになります。

オンライン講座スケジュール <ライブクラスは終了/録音受講可能>

2019年11月2日-2020年2月8日(オンライン)
フラワーエッセンス基礎講座 I(土曜の夜22:00-23:30、10回)
2019年 11/2、11/9、11/16、11/23、12/14、12/21、
2020年 1/18、1/25、2/1、2/8

2020年3-4月・6-7月(オンライン)
フラワーエッセンス基礎講座 II(土曜の夜22:00-23:30、11回)
2020年 3/7、3/14、3/21、3/28、4/4、4/11
6/13、6/20、6/27、7/4、7/11

逃した回は録音で視聴できます。

ライブクラスを逃した人もそうでない人も、受講期間を通して復習用の録音を好きな時間に視聴できます。

フラワーエッセンス基礎講座 I・II(マテリア・メディカ編)
シラバス

この基礎講座 I、II では、フラワーエッセンスのマテリア・メディカとなる講義をしていきます。

マテリア・メディカとは、癒やしのための素材(メディスン)の性質や働きについての知識を集積したものを指すラテン語です。現在ではホメオパシーでよく用いられる語ですが、歴史的にすべての伝統医療にはマテリア・メディカが存在します。

自分自身やクライアントのさまざまなニーズ、テーマや状況に応じて、フラワーエッセンスをうまく選ぶことができるためには、ある程度の数のエッセンスについて、その性質をよく知っていることが必要です。

「エッセンスの選んでみても、今一つ手応えがない」「組み合わせがうまくできない」というような時には、多くの場合、よく知っているエッセンスの数が少ないか、限られたキーワードでしかそのエッセンスのことを知らない場合が多いのです。

実際的には100-150種類ぐらいのエッセンスについて馴染み、使いこなすことができると、自分自身やクライアントの個性や状況、向かい合うテーマなどを考慮しつつ、ほとんどどんな状況やテーマにも、対応するエッセンスを選ぶことができます。

また、組み合わせを作る際にも、ばらばらに選んだものを単にいっしょに服用するのではなく、選んだエッセンスが互いに支え合って、相乗的に機能する、有機的な組み合わせを作ることができます。

この講座では約150種類のフラワーエッセンス、具体的にはバック(バッチレメディ、イングリッシュエッセンス)の38種類とFESの北アメリカクインテセンシャル(北アメリカエッセンス)から100種類前後を中心に、現在の日本に生きる人たちに役立つ150種類ほどをとり上げていきます。

最初の講義でフラワーエッセンスとレメディ全体についての基本をさらい、2回目以降、毎回だいたい8種類前後のペースで進めていきます。

I、II では150種類のエッセンスを自分の中に落としていきます。理解と実用性に重点を置いて、講義していきます。

2020年秋に準備されているフラワーエッセンス中級講座「エッセンスの選び方と組み合わせ方 精神的伝統と植物学知識を組み合わせる」では、この基礎講座(マテリア・メディカ編)で学んだ知識を使って、テーマ、花の色、植物学的分類、幾何学図形など、さまざまなアプローチで効率よくエッセンスを組み合わせることを学んでいきます。

ヤロウの花
ヤロウの花(カリフォルニア、サンガブリエル山脈の麓で)

植物の学名はそこそこの頻度で再分類に伴う変更がありますが、上記は2020年の時点で最新。分類体系によって学名が異る場合は、遺伝子解析に基づくものを採っています。
再分類の経緯について、その植物の理解に役立つと思われるものは講義にも含めています。
『FES フラワーエッセンス・レパートリー』の記載と異なる場合は上記が最新。和名がないものは属名のみを記しています。

クラス1
概要/フラワーエッセンスの精神史/背景知識

クラス2
アグリモニ Agrimonia eupatoria(キンミズヒキ)/ブラックベリー Rubus ursinus/チェリープラム Prunus cerasifera(ミロバランスモモ)/クラブアップル Malus sylvestris/クィンス Chaenomeles speciosa(ボケ)/レイディーズマントル Alchemilla vulgarisx/カリフォルニアワイルドローズ Rosa californica/ワイルドローズ Rosa canina/ノイバラ Rosa multiflora

クラス3
アルニカ Arnica mollis/クリサンセマム Chrysanthemum morifolium(イエギク)/サンフラワー Helianthus annuus(ヒマワリ)/ヤロウ Achilea millefolium(セイヨウノコギリソウ)/ゴールデンヤロウ Achillea filipendulina/ピンクヤロウ Achillea millefolium var. Rubra/ヤロウ・スペシャル・フォーミュラ/ヤロウ・エンバイロンメンタル・ソリューション/マグワート Artemisia douglasiana(ヨモギ)/セージブラッシュ Artemisia tridentata/

クラス4
ブラックアイドスーザン Rudbekia hirta(アラゲハンゴンソウ)/エケネイシャ Echinacea purpurea(ムラサキバレンギ)/カレンデュラ Calendula officinalis(キンセンカ)/キャモミール Matricaria recutita(カミツレ)/チコリ Cichorium intybus(キクニガナ)/コスモス Cosmos bipinnatus/ジニア Zinnia elegans(ヒャクニチソウ)/ダンディライオン Taraxacum officinale(セイヨウタンポポ)

クラス5
ゴールデンロッド Solidago californica(アキノキリンソウ)/タンジー Tanacetum vulgare(ヨモギギク)/スターチッスル Centaurea solstitialis(イガヤグルマギク)/アンジェリカ Angelica archangelica(セイヨウトウキ)/ディル Anethum graveolens(イノンド)/クイーンアンズレース Daucus carota(ニンジン)/スターオブベツレヘム Ornithogalum umbellatum(オオアマナ)/プリティフェイス Triteleia ixioides/ジョシュアツリー Yucca brevifolia(ユッカ)

クラス6

アルパインリリー Lilium Parvum/イースターリリー Lilium longiflorum(テッポウユリ)/タイガーリリー Lilium humboldtii/フェアリーランタン Calochortus albus/マリポサリリー Calochortus leichtlinii/イエロースターチューリップ Calochortus monophyllus/スターチューリップ Calochortus tolmiei/スプレンディッドマリポサリリー Calochortus splendens/チョコレートリリー Fritillaria biflora(クロユリと同属)

クラス7

フォーンリリー Erythronium purpurascens(カタクリ属)/トリリウム Trillium chloropetalum(エンレイソウ)/ブラックコホーシュ Actaea racemosa(Cimicifuga racemosa)(アメリカショウマ)/バターカップ Ranunculus occidentali(キンポウゲ属)/クレマティス Clematis vitalba(センニンソウ属)/ラークスパー Delphinum nuttallianum/レッドラークスパー Delphinum nudicaule(ヒエンソウ)/トールマウンテンラークスパー Delphinium glaucum/モンクズフッド Aconitum columbianum(トリカブト)

クラス8

エンジェルズトランペット Brugmansia candida(Datura candida)(キダチチョウセンアサガオ)/カイエンヌ Capsicum annuum(トウガラシ)/ニコシアナ Nicotiana alata(シュッコンタバコ)/トマト Solanum lycopersicum(トマト)/フーシア Fuchsia hybrida(フクシア)/イヴニングプリムローズ Oenothera elata hookeri(マツヨイグサ属)/ファイヤーウィード Chamaenerion angustifolium(Epilobium angustifolium)(ヤナギラン)

クラス9

ベビーブルーアイズ Nemophila menziesii(ルリカラクサ)/ボラージュ Borago officinalis(ルリジサ)/フォーゲットミーノット Myosotis sylvatica(ワスレナグサ属)/ハウンズタング Cynoglossum grande(オオルリソウ属)/コンフリー Symphytum officinale(ヒレハリソウ)/シューティングスター Dodecatheon hendersonii(カタクリモドキ属)/Hottonia palustris(ホットニア属)/ヴァイオレット Viola odorata(ニオイスミレ)

クラス10

セントーリ Centaurium erythraea(ベニバナセンブリ)/ジェンティアン Gentiana amarella(リンドウ属)/エクスプローラーズジェンティアン Gentiana calycosa(リンドウ属)/セラト Ceratostigma willmottinanum(セラトスティグマ属)/カリフォルニアポピー Eschscholzia california(ハナビシソウ)/ゴールデンイヤードロップ Dicentra chrysantha(コマクサ属)/ブリーディングハート Dicentra formosa(ハナケマンソウ)

クラス11

バジル Ocimum basilicum(バジル)/ラヴェンダー Lavandula officinalis(ラベンダー)/マウンテンペニロイヤル Monardella odoratissima(モナルダ属、ヤグルマハッカの仲間)/ペパーミント Mentha piperita(ペパーミント)/ローズマリー Rosmarinus officinalis(ローズマリー)/セージ Salvia officinalis(セージ)/セルフヒール Prunella vulgaris(ウツボグサ)/グリーンベルズオブアイルランド Moluccella laevis(カイガラサルビア)

クラス12

ビーチ Fagus sylvatica(ヨーロッパブナ)/スイートチェスナット Castanea sativa(ヨーロッパグリ)/オーク Quercus robur(ヨーロッパナラ)/チェスナットバッド Aesculus hippocastanum(セイヨウトチノキの芽)/レッドチェスナット Aesculus carnea(ベニバナトチノ)/ホワイトチェスナット Aesculus hippocastanum(セイヨウトチノキ、マロニエ)/ラーチ Larix decidua(ヨーロッパカラマツ)/パイン Pinus sylvestris(ヨーロッパアカマツ)

クラス13

ゴース Ulex europaeus(ハリエニシダ)/レッドクローバー Trifolium pratense(ムラサキツメクサ)/スコッチブルーム Cytisus scoparius(エニシダ)/スイートピー Lathyrus latifolius(レンリソウ属、日本で知られるスイートピーとは別種)/スナップピー Pisum sativum(エンドウ)/コーン Zea mays(トウモロコシ)/クェイキンググラス Briza maxima(コバンソウ)/ワイルドオート Bromus ramosus(スズメノチャヒキ属)

クラス14

アスペン Populus tremula(ヨーロッパヤマナラシ)/ウイロウ Salix vitellina(ヤナギ属、セイヨウシロヤナギの栽培種)/ヘザー Calluna vulgaris(ギョリュウモドキ)/マンザニータ Arctostaphylos viscida(クマコケモモ属、ウワウルシの仲間)/マスタード Sinapis arvensis(シロガラシ属)/ブロッコリー Brassica oleracea var. Italica(ミドリハナヤサイ、メハナヤサイ)/カリフラワー Brassica oleracea var. Botrytis(ハナカンラン、ハナヤサイ)

クラス15

ハイビスカス Hibiscus rosa-sinensis(ブッソウゲ)/マロウ Sidalcea glauscens(シダルケア属)/オクラ Abelmoschus esculentus(オクラ)/マウンテンプライド Penstemon newberryi(イワブクロ属)/ペンステモン Penstemon davidsonii(イワブクロ属)/スナップドラゴン Antirrhinum majus(キンギョソウ)/ホーンビーム Carpinus betulus(クマシデ属)/エルム Ulmus procera、Ulmus minor ‘Atinia’(オウシュウニレ)

クラス16

ミムルス Mimulus guttatus → Erythranthe guttata(セイタカミゾホオズキ)/ピンクモンキーフラワー Mimulus lewisii → Erythranthe lewisii(エリトゥランテ属)/スカーレットモンキーフラワー Mimulus cardinalis → Erythranthe cardinalis(エリトゥランテ属)/パープルモンキーフラワー Mimulus kelogii → Diplacus kelogii(ディプラクス属)/スティッキーモンキーフラワー Mimulus aurantiacus → Diplacus aurantiacus(ディプラクス属)/ホーリー Ilex aquifolium(セイヨウヒイラギ、セイヨウヒイラギモチ)

クラス17

カリフォルニアピッチャープラント Darlingtonia californica(ダーリングトニア属)/ダグウッド Cornus nuttallii(ミズキ属、ヤマボウシ亜属)/モーニンググローリー Ipomoea purpurea(マルバアサガオ)/ナスターシアム Tropaeolum majus(キンレンカ)/オリーヴ Olea europaea(オリーブ)/レイディーズスリッパ Cypripedium parviflorum(アツモリソウ属)/スクリランサス Scleranthus annuus(シバツメクサ)

クラス18

アロエヴェラ Aloe vera(アロエベラ)/ポモグラネイト Punica granatum(ザクロ)/トランペットヴァイン Campsis tagliabuana(ノウゼンカズラ属)/アイリス Iris douglasiana(アヤメ属)/インディアンペイントブラッシュ Castilleja miniata(カスティレア属)/カリフォルニアペオニーPaeonia californica(ボタン属)/コロンバイン Aquilegia formosa(ニシオダマキ)

クラス19

インペイシェンス Impatiens glandulifera(ツリフネソウ属)/ラブライズブリーディング Amaranthus caudatus(アマランサス)/オレゴングレープ Mahonia aquifolium(メギ属)/ポイズンオーク Toxicodendron diversiloba(ウルシ属)/イェルバサンタ Eriodictyon californicum(エリオディクティオン属)/ミルクウィード Asclepias cordifolia(トウワタ属)

クラス20

ミュレイン Verbascum thapsus(ビロードモウズイカ)/ディアブラッシュ Ceanothus integerrimus(セアノサス属)/ロータス Nelumbo nucifera(ハス)/キャラリリー Zantedeschia aethiopica(オランダカイウ)/サグアロ Carnegiea giganteae(ベンケイチュウ)/ガーリック Alium sativum(ニンニク)/セントジョンズワート Hypericum perforatum(セイヨウオトギリ)

クラス21

ハニーサックル Lonicera caprifolium(スイカズラ属)/ヴァーヴェイン Verbena officinalis(クマツヅラ)/ヴァイン Vitis vinifera(ヨーロッパブドウ)/ウォールナット Juglans regia(カシグルミ)/ロックローズ Helianthemum nummularium(ハンニチバナ属)/ロックウォーター Aqua(癒やしの効果のある神聖な湧き水)/ファイヴフラワー、レスキューレメディ(チェリープラム、クレマティス、インペイシェンス、ロックローズ、スターオヴベツレヘム)

クラス22

質疑応答


講師プロフィール

講師は1998年に『FESフラワーエッセンス・レパートリー』を翻訳し、日本にFESのエッセンスが広がる端緒を開きました。

シエラネヴァダでのFESの集中研修にも2度参加。カリフォルニアを含め長年アメリカに住んで、北アメリカエッセンスの植物たちとも深い馴染みがあります。

バック(Bach、バッチ)レメディについては、アメリカでもっとも優れた研究家・実践者であったジェシカ・ベア医師の方法論を学んでいます。

この講座では、長年フラワーエッセンス教育に打ち込んできた教師ならではの植物とフラワーエッセンスの生き生きとした描写と、しっかり踏み込んだ心理面の理解を合わせ、花のアーキタイプをしみ込むように感じることができます。


推薦書籍

テキストと推薦書籍」のページ、「フラワーエッセンス/フラワーレメディ/フラワーメディスン」の項を参照。


形式

・ライブクラスはオンラインプラットフォームのZoomを使用。パソコン、携帯、各種デバイスから受講可能(Zoomアプリのインストールが必要)。ライブ受講できなかった回も録音で視聴できます。

・録音受講ではすべてのクラスを録音で、パソコン、携帯、各種デバイスで視聴できます。

・SHASの単位になります。

基礎 I =15時間/1.25単位
基礎 II =18時間/1.6単位


申込み手続き(録音受講)

受講費

基礎 I 全10回 24,000円
基礎 II 全12回 29,000円

基礎 I と II を同時に申込み(確認メールが届いてから10日以内に支払い) 53,000円

PayPal経由でクレジットカードの使用可。

前提条件

フラワーエッセンスについてしっかり勉強したい人であれば、前提条件はありません。

現行の専門課程学生・卒業生、2018年12月のオンライン特別講座を受講している人は(1)(2)のみ記載。

手続き

1. 以下の内容をメール → office@lifeschool.org

(1)講座名「フラワーエッセンス基礎講座 I オンライン」
(2)氏名
(3)住所
(4)年齢
(5)職業、教育背景(SHASでの受講歴を含めてください)
(6)写真(スナップ可、JPGなどで添付)
(7)(オプション)受講を希望する理由

2. 受付け確認メールが届くのを待ってください。受付け確認メールが届くまで、席は確保されていません。

重要:送金は必ず「受付け確認メール」が届いてから。席の確保が確認される前に送金しないでください。

3. 確認メールの案内に従って受講費を納めます。

受講費の入金が確認されてから、アクセス情報が届きます。

パスワードを含むアクセス情報の配信後にキャンセルされた場合、返金はありません。SHASのオンライン講座の受講経験のない人は、内容をよく吟味してから申し込んでください。


 個人情報の扱いについて

申込みの際に送っていただく個人情報は、その講座/研修/クラスの運営以外の目的に使用されることはありません。どのような場合でも、受講者の個人情報がSHASの外部に出されることは一切ありません。

個人情報は定期的にサーバから削除し、オフラインで受講記録を管理しています。

過去に講座を受講された方でも、受講手続きに関する以外のお知らせなどは、限定講座への招待など例外的な場合を除き、基本的にお送りしていませんので、最新情報はメルマガを講読、およびサイトのアップデートページやTwitterをチェックしてください。